日本人と外人の体の違い、注意点は

美容

日本人と外人の体の違い、注意点は

日本人は、外人と違った身体を持っています。
日本人の特徴としては、冷えやすい、内臓脂肪がつきやすい、腸が長い、といった特徴です。
外人の特徴としては、体温が高い、皮下脂肪がつきやすい、日本人より腸が短いといった特徴があります。
国により様々な特徴があり、一概には言えませんがそのような傾向があります。
日本では、味噌などの発酵食品文化があり、根付いていて味噌を使った味噌汁は日本の食卓では定番です。
日本人といえば味噌汁でしょうと言われるほど、日本の味噌は広まってきていて和食をリスペクトする外人もいるようです。
海外の食事で、太ってしまったという経験をされたかたは特に日本の食事を改めて見直してみると良いでしょう。
味噌の他にも、糀もあります。
最近では、塩糀といった調味料が販売され、肉や魚を調理する際に使ったりと利用方法は多々あり重宝されています。
腸内菌の働きを促す効果があり、美肌のかたは発酵食品を上手に取り入れているようです。
腸内を元気にする効果がありますので、毎日の食事に取り入れてみましょう。
また、最近では乳酸菌が含まれているお菓子が販売されるようになり、簡単に食べられるようになりました。
忙しいかたでも、普段から意識して取ることで美肌作りをすることができるので身近なところから始めてみましょう。